家購入@丸わかりガイド

家の購入について詳しくご紹介!


家の購入の際の資金計画

家の購入の際、第一に考えるべき点は、家計のやりくりがうまく行くか、
ということです。今、安定した収入があるか、この収入は維持できるか、
転職などの可能性はないか、突然リストラされたりするような心配は
ないか、などを充分に確かめておくべきです。支出の割合が多い場合は、
やはり、住宅の購入は無理と考えるべきでしょう。

住宅の購入には、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょうが、
購入価格の8割くらいを借り、頭金として、残りの2割は現金で用意する
ケースが多いようです。月々の返済額を少なくし、安全な資金計画を
立てるためにも、マイホーム価格の2割以上は頭金として現金で用意する
ようにした方が良いと言われます。

また、マイホーム購入時には、頭金だけではなく地震保険、火災保険、
税金など各種の諸費用がかかることになります。こうした費用は物件
によって変ってきますが、マイホーム購入価格の5%〜10%くらいが
目安のようです。どちらかと言えば、新築よりも、中古の物件の方が、
諸費用は高くかかるようです。

住宅ローンを利用するのに、どれくらい借りれるのかを把握しなければ、
資金計画は立てられません。大抵の金融機関は、借入金額の上限を年収
に応じて決めています。

一般的なマイホームの住宅ローンでは、年収400万円以上の場合で年収の
35%までを年間の返済額の目安としています。しかし年収の35%といえば
生活には、かなりの負担を強いることになるでしょう。そのためにも、
住宅ローンの返済金額は借りられる金額ではなく、返済できる金額で
考えたほうが良いでしょう。

[PR]看護部長が転職する方法

ここだけはチェック!家購入のポイント!

家を購入した時、ようやくマイホームを手に入れた、 という喜びも大きいでしょうが、これから、長年に わたって住宅ローンを返し続けなければいけない、 という不安を持つ人も結構多いことでしょう。 家を購入するなら、まず、どれくらいの家なら購入 できるのかを試算し、実現のための資金計画をたてなけれ ばいけません。   「家購入までのステップ」のページへ