家購入@丸わかりガイド

家の購入について詳しくご紹介!


現金一括による住宅の購入

家を購入する場合、大抵の人は住宅ローンを組むことになりますが、
中には、一括払いで購入する人もいます。お金をコツコツとためて、
2〜3000万円くらいの中古住宅を一括払いで購入する、という
ケースもあるようです。この場合、税金などの諸費用もかかること
になります。

普通に新築の家を一括払いで購入した場合、仲介手数料が一番多く費用
がかかるようです。これ以外にかかるものとしては、売買契約書印紙代、
登記関連費用、土地所有権移転登記費用、建物表示登記費用、保証料、
建物所有権保存登記費用、抵当権設定登記費用、司法書士費用、
固定資産税/都市計画税、不動産取得税、金融諸費用、火災保険料、
融資事務手数料・・・などがあります。

こうした費用でかかる金額は、全部で物件価格の5〜10%になる
ようです。これに、中古住宅の場合、建物表示登記費用が不要になり
ますが、そのほかの部分は大きく変わらないみたいです。

住宅を現金一括払いで購入するのは、ローンを組むのと比べ、あまり
メリットはないようです。売主との交渉で一括払いを条件に少し値引き
交渉に応じてもらえる可能性がある、と言うくらいのものでしょうか。

この他に、建ぺい率オーバーや容積率オーバーなど、なにがしかの問題
があって、住宅ローンが適用されない住宅で一括払いでしか購入できない、
など、少し特殊なケースがあったりします。

[PR]鉄道会社の技術者に転職する方法